クレジットカード現金化優良店比較

カードを使いこなすにはお金の管理が大切

クレジットカードは借金だ、カード破産は怖いという人もいます。

確かにクレジットカードはカード会社に一時的にお金を借りて支払うというシステムですが、一回払いなどでは手数料や金利も発生せず、いわゆる借金にはつきものの利子などは払わなくていい場合がほとんどです。

このようなカードの利用方法は借金というよりも立替払いとしてカードを使っていることになります。クレジットカードを使っていて問題になるのはやはり支払いの延滞から始まる、お金の管理のずさんさにあるといえます。

しっかりと月の収支を把握してクレジットカードでいくら使ったか、今月の何日にいくら銀行口座から引き落とされるかを管理できていればなんら不安を覚えることなく使えます。

カードはきちんと使えるとむしろそのポイントが貯まってポイント還元ができ、商品やサービス、また支払いに回すなどすることもできとてもお得なシステムと考えることもできます。

ただカードの枚数を多く持ちすぎたり、使う頻度が多くなるとその管理もたいへんになってきます。いくら使ったかを支払いの段階で初めて知り、あわてるということもありがちなことです。

それではお金の管理ができているとはいえません。また来月の給与の振込みやボーナス払いを予定して現在現金では払えない分をクレジットカードで先に購入してしまうという使い方もお勧めできません。

とくにボーナスは基本給と違い業績によってゼロになることもあることを考えるとボーナス払いというのはカードでは利用する側としてはあまりおすすめできません。

来月の給与振込みを当てにするのも来月の家計を圧迫していることになるので先送りしているだけで赤字ということにはかわりありません。やはりお金の管理を楽にするのは今現在でも現金ですぐに支払える範囲での利用に留めることだといえます。

現金をATMまで下ろしに行く時間と手数料がかかるぐらいなら、カードで払うことにしておくという使い方であったり、毎月決まった家賃や光熱費など固定費的な引き落としに利用するなどするとカードの引き落としのお金の管理もしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です